ヤサイのVegeBaco(ベジバコ)

VegeBaco(ベジバコ)旬の野菜・収穫体験イベント参加者募集!

お子さまの食育にも!非日常な体験にも!

東京ガスVegeBaco(ベジバコ)の収穫体験イベントは、
土や緑と触れ合いながら旬の農作物を収穫する喜びが味わえ、
その場で収穫物を食べることで食の大切さを
楽しく学ぶことができます。
ご都合の合う日程に、ご家族、ご友人そろって
お気軽にご参加ください!

神奈川県 2月23日(土)
神奈川県 3月24日(日)

第3回 横須賀野菜収穫&有名パン屋さんが教えるパン作り 2月23日(土)先着32名程度 軽食お土産付

開催日
2019年2月23日(土)
場所
○横須賀市の畑
神奈川県横須賀市林 近辺

○東京ガス横浜ショールーム料理教室
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目5-1
詳しくはこちら

定員
32名程度
参加費
大人(中学生以上) ¥8,500
子供(6歳以上) ¥6,500

※往復のバス代、野菜のお土産代、軽食代含みます。 ※本イベントは6歳以上の方を対象としております。6歳未満のお子様の場合、申し訳ありませんがご参加をお断りさせていただくことがあります。 ※中学生以下の方は親同伴でのご参加をお願いいたします。 ※お子様とご参加される方は、大人(16歳以上)1名に対し、子供(6歳以上、中学生未満の方)2名まででお願いいたします。

持ち物

○収穫体験

着替え、ゴム手袋(+軍手)、タオル、飲み物、防寒具
(帽子等)、野菜を入れる袋

※おすすめの恰好(とても寒いです):長袖、長ズボン、長靴、(雨具)

※収穫で服が汚れてしまった場合は、料理教室の前にお着替えください。

○お料理教室

エプロン、ハンドタオル、筆記用具、三角巾またはバンダナ(お子様)

スケジュール
9:00 マークイズみなとみらい集合、出発
※送迎バスでの移動
※集合場所は、みなとみらい駅 3番出口を出たところ)
10:15 横須賀農家さんの畑で冬野菜収穫
(お土産用)
11:30 軽食@すかなごっそ
※すかなごっそは、農産物の直売所のため、お野菜等のお買い物もできます。
12:30 バス移動
(東京ガス横浜ショールーム料理教室@マークイズみなとみらいへ)
14:00 パン3種類&野菜スープ作り
(講師:soil by HOUTOU BAKERY
森さん、藤森さん)
16:00 試食
16:30 東京ガス横浜ショールーム料理教室で解散

※野菜の発育状況によって、収穫できる野菜の種類
を変更する場合はありますので、ご了承ください。
※交通状態によっては、スケジュール通りにいか
ないこともありますので、ご了承ください。

雨天時

荒天の場合、午前中の収穫体験は中止。
午後のお料理教室のみ開催。

※その場合、13:45までに東京ガス横浜お料理教室@マークイズみなとみらい4階に集合。
申し込み期限
2019年2月16日(土)
● 販売事業者

東京ガス株式会社
〒105-8527 東京都港区海岸1−5−20
03-5400-3780
vegebaco@tokyo-gas.co.jp
代表者:佐藤弘直

● 代金支払い時期

前払い。
※コンビニ・ATMでの支払い期限は、お申込み日より3日以内と
なります。
※詳細はこちらよりご確認ください。

● 代金支払い方法

下記支払方法をご用意しております。
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB、AMEX、PayPal
コンビニ :LAWSON、FamilyMart、サークルK、 サンクス、Mini Stop、Daily Yamazaki、Seicomart
ATM:Pay-easy、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、
自分銀行
※お支払先はVegeBacoイベント管理委託先の株式会社ベジリンクとなります。

● キャンセルポリシー
7日以前 全額ご返金いたします。
7日前より ご返金できかねます。

※ただし、コンビニ・ATMで支払いただいた方は、キャンセル手数料500円を差し引いた金額が購入者に返金されます。
※クレジットカードでお支払の場合、キャンセル処理を実行した日付がカードの締め日を過ぎていた場合当月のご利用に対して一旦、ご請求が発生し、翌月のご請求時にマイナス請求の形でご返金致します。

(その他)
※荒天等、主催者側の都合により開催ができない場合は、お料理教室料金以外の一部参加費をご返金いたします。
※開催の可否は2日前までにご連絡させていただきます。
※キャンセル方法、返金方法等の詳細はこちらよりご確認ください。
※その他、主催者側の都合により開催ができない場合は全額ご返金いたします。

● 個人情報のお取り扱いに関して

・個人情報のお取り扱いに関しては、本サイトの最下部のリンク先をご覧ください。
・具体的な利用例に関しては、個人情報のお取り扱いのリンク先より、「お客様情報について」をご確認ください。
・申し込みされたお客様のメールアドレスに、ベジバコ事務局より、イベントご案内等、イベント関連メールをお送りさせていただきます。

収穫体験する横須賀の畑ってどんなところ?

今回、収穫体験にご協力いただくのは、横須賀で代々続く農家の若手のみなさんです。いずれも多品目の野菜を手がけられています。冬の畑は過酷な寒さ!その中での収穫体験だからこそ、農家の方々の苦労をより一層感じることができるはず。日ごろ何気なく口にしている野菜に感謝の気持ちが生まれること請け合いです!

鈴木さんと井上さんに聞きました!

井上さんの趣味はサーフィン 井上さんの趣味はサーフィン
◎“横須賀野菜”の若き担い手たち

あまり知られていませんが、横須賀にもたくさんの農地があります。僕らは農家の7代目と10代目。20〜30代の若手は他にも10人ほどいます。キャベツやレタスを中心に、多品目を手がけているところが多いです。みんなで“横須賀野菜”を盛り立てていきたいと思っています。

◎背景にあるストーリーを知ってほしい

農家の後継ぎとして、農業がどれだけ大変な仕事かはよく知っていました。

お料理が得意な鈴木さん お料理が得意な鈴木さん

父が「農業は正解のない仕事だ」とよく言っていましたが、実際にこの仕事に就いて、その言葉をかみしめています。天候に左右されるので、どんなに努力しても報われないことも多いです。それでも、土を作って種をまいて水をやって…ひとつひとつ時間をかけて育てています。みなさんが食べている全ての野菜に、そうしたストーリーがあることを知ってもらえるといいなと思います。

美味しい冬野菜を味わって! 美味しい冬野菜を味わって!
◎農家の“現場”を感じてもらえたら

2月はリーフレタス、サニーレタス、カブ、キャベツ、ニンジンなどが収穫できます。どれも寒さに当たって甘みが出るし、サニーレタスなどは色が濃くなります。とにかく寒いので、万全の防寒対策をしてお越しください。霜で土がぐずつくので、長靴やゴム手袋があるといいと思います。現場に来ていただくことで、僕らがどれだけ手間と時間をかけて野菜を作っているかを感じてもらえたら嬉しいです。

パン作りを教えてくれる「soilソイル」さんが作っているのはどんなパン?

Instagramで2万人超のフォロワーを持つ横須賀の有名パン屋「soil」のオーナーをお招きして、パン作りを教わります。メニューは横須賀野菜をたっぷり使ったピゼッタと、大人から子供までみんな大好きなメロンパン! プロの技を直接見聞きできる貴重な機会です。

オーナーの森さんに聞きました!

森さんはひいおじいさんの代から続く老舗パン屋の新世代 森さんはひいおじいさんの代から続く老舗パン屋の新世代
◎地元においしいものがあったから

うちは代々パン屋なんですが、それぞれの代が各々新しいブランドを立ち上げてきました。自分もパン屋として次のビジョンがほしいと思っていた時期に、地元の農家さんたちと知り合う機会が重なり、“地場のモノを活かすパン屋”というsoilの着想を得ました。地場のモノを使うのは「地産地消がよいから」ではなく「おいしいから」です。soilのパンはビジュアルも大事にしています。おいしい!という気持ちは目から生まれる部分もある。胃だけでなく心も満たすパン屋を目指しています。

小森さんは「soil」のシェフ・ブーランジェ親方です! 小森さんは「soil」のシェフ・ブーランジェ親方です!
◎おいしいパンには理屈がある

イベント当日は横須賀野菜をたっぷり使ったピゼッタと、パン生地にクッキー生地を乗せたメロンパンを作っていただく予定です。おいしいパンには理屈があります。例えば、なぜパン職人はバケットの不規則な穴を大事にするのか?といったことにも、ちゃんと理由があるんです。そういったお話も交えながら進めていきたいと思っています。レッスンを終えた時に、ちょっとでもパンに対するリテラシーが上がったと感じてもらえたら嬉しいです。

藤森さんは今回イベントのパン教室の先生。小森さんの右腕! 藤森さんは今回イベントのパン教室の先生。小森さんの右腕!

<soilプロフィール>
大正時代から続く老舗パン屋「宝塔ベーカリー」の4代目が、パン職人の小森さんと二人三脚で立ち上げた新ブランド。2015年にオープン。地元農家から仕入れた横須賀野菜を使うなど、生産者とのつながりを大事にしている。味はもちろん見た目にも美しいパンで、多くのパン好きの支持を得ている。

第4回 二宮いちご園いちご狩り&市場に出回らない激レアいちごを使ったサッとできるジャム作り 3月24日(日)先着32名程度 お土産付

開催日
2019年3月24日(日)
場所
○二宮いちご園
神奈川県横浜市旭区今川町11

○東京ガス横浜ショールーム料理教室
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目5-1
詳しくはこちら

定員
32名程度
参加費
お好きなプランを選べます!
 
①いちご狩りのみ(AM)
大人(中学生以上) ¥3,000
子供(3歳以上) ¥2,000

※いちご狩りのみ参加の場合、年齢制限はありません。
※いちご狩りのみ参加の場合も、本イベント特典として特別なお土産がつきます!

 
②料理教室のみ(PM)
大人(中学生以上) ¥5,500
子供(6歳以上) ¥4,500
 
③いちご狩り&料理教室(丸1日)
大人(中学生以上) ¥8,000
子供(6歳以上) ¥6,000
 
<②又は③をお選びいただいた方へ>

※料理教室で作ったジャムはお持ち帰りいただけます。
※料理教室イベントは、6歳以上の方を対象としております。6歳未満のお子様の場合、申し訳ありませんが、ご参加をお断りさせていただくことがあります。
※中学生以下の方は親同伴でのご参加をお願いいたします。
※お子様とご参加される方は、大人(16歳以上)1名に対し、子供(6歳以上、中学生未満の方)2名まででお願いいたします。

持ち物

○収穫体験

着替え、軍手、タオル、飲み物

※いちごハウスの中は、27℃程度あり、比較的暖かいため、調整できる服装がおすすめです。

※ハウス内には受粉用のミツバチがいます。

※収穫で服が汚れてしまった場合は、お料理教室の前にお着替えください。

○料理教室

エプロン、ハンドタオル、筆記用具、三角巾またはバンダナ(お子様)

スケジュール
11:15 二宮いちご園 集合
※相鉄 鶴ヶ峰駅より徒歩10分程度
11:30 いちご狩り
12:00 二宮さんからのお話
12:15 一時解散
(自由に直売所での購入、昼食等)
※①いちご狩りのみ参加の方は、ここで終了
14:00 横浜料理教室 集合
激レアいちごジャム&コンフィチュールを使ったスフレパンケーキ作り
(講師:旅するコンフィチュール 違さん)
※②料理教室のみ参加の方は、ここから集合
16:00 試食
16:30 東京ガス横浜ショールーム料理教室で解散
雨天時

荒天の場合、中止。

申し込み期限
2019年3月17日(日)
● 販売事業者

東京ガス株式会社
〒105-8527 東京都港区海岸1−5−20
03-5400-3780
vegebaco@tokyo-gas.co.jp
代表者:佐藤弘直

● 代金支払い時期

前払い。
※コンビニ・ATMでの支払い期限は、お申込み日より3日以内と
なります。
※詳細はこちらよりご確認ください。

● 代金支払い方法

下記支払方法をご用意しております。
クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB、AMEX、PayPal
コンビニ :LAWSON、FamilyMart、サークルK、 サンクス、Mini Stop、Daily Yamazaki、Seicomart
ATM:Pay-easy、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、
自分銀行
※お支払先はVegeBacoイベント管理委託先の株式会社ベジリンクとなります。

● キャンセルポリシー

7日以前 :全額ご返金いたします。※ただし、コンビニ・ATMで支払いただいた方は、キャンセル手数料500円を差し引いた金額が購入者に返金されます。
※クレジットカードでお支払の場合、キャンセル処理を実行した日付がカードの締め日を過ぎていた場合当月のご利用に対して一旦、ご請求が発生し、翌月のご請求時にマイナス請求の形でご返金致します。

7日前より ご返金できかねます。

(その他)
※荒天等、主催者側の都合により開催ができない場合は全額ご返金いたします。
※開催の可否は2日前までにご連絡させていただきます。
※キャンセル方法、返金方法等の詳細はこちらよりご確認ください。

● 個人情報のお取り扱いに関して

・個人情報のお取り扱いに関しては、本サイトの最下部のリンク先をご覧ください。
・具体的な利用例に関しては、個人情報のお取り扱いのリンク先より、「お客様情報について」をご確認ください。
・申し込みされたお客様のメールアドレスに、ベジバコ事務局より、イベントご案内等、イベント関連メールをお送りさせていただきます。

二宮いちご園さんってどんなところ? 

横浜市内にある数少ないいちご農園です。いちご狩りをメインに直売も行っています。全部で千坪にも及ぶハウスでは、かがむ負担がない「高設栽培」で育てられたいちごがずらりと並んでいます。

二宮 大輔さんにお聞きしました!

人気の直売は毎回行列! 人気の直売は毎回行列!
◎一念発起で始めたいちご栽培

代々続く植木屋だった土地で、自分の代からいちご農家を始めました。以前は大工をやっていましたが、実家に戻ることになって、さてどうしようと思って周りを見渡したら、周りは野菜を作っている農家さんがほとんどでした。なら自分は果物をやろうと。もともと果物が好きだったのもあります。今年で14年目。今では千坪ほどのハウスで数種類のいちごを栽培しています。うちは卸販売をほとんどしていないので、食べに来てもらうか買いに来てもらうしかありません。直売のいちごは、他では手に入りにくいレアな品種もあり、毎回即完売です。

◎いちご狩りはとにかく食べて!楽しんで!

いちご狩り用のハウスでは「章姫(あきひめ)」と「紅ほっぺ」の2種類を育てています。章姫は酸味が少なくやわらかいのが特徴。紅ほっぺは甘みも酸味もあるバランス型です。採れたての美味しさを存分に味わってくださいね。
当園は地面より高い位置に棚を組んだ「高設栽培」なので、屈む必要がなくて採りやすいと思いますよ。

とっておきのウンチクもお話します! とっておきのウンチクもお話します!

特に甘いのが好きな方は、形の悪いものを選ぶのもおすすめです。実は形の悪いものの方が甘みが強くなります。キレイな形のものと食べ比べしてみてください。当日は、そんないちごに関する楽しいお話もできればと思っています。

ハウスの中は27℃前後に調整しているので、調整しやすい服装でお越しいただくとよいかもしれません。ぜひいちご狩りを大いに食べて、味わって、楽しんでいってください。

ジャム作りの先生 旅するコンフィチュール 違 克美 (ちがい かつみ) さんが作っているのはどんなジャム? 

「旅するコンフィチュール」は、素材の調達から制作まで、全てを違さんご自身で行っている手作りのコンフィチュール専門店です。横浜・関内にある工房兼ショップには、常時10種類ほどのコンフィチュールが並んでいます。いずれも国内の農家さんから直接入手した素材を使って、添加物を一切使用せずに仕上げられたもの。果物のフレッシュさとギュッとした旨味が同居する魅惑のおいしさです。今回は、家庭でも美味しくサッと作れるジャム作りのコツを伝授いただきます!

違 克美(ちがい かつみ)さんにお聞きしました!

全国各地の素材を活かして 全国各地の素材を活かして
◎農家さんと二人三脚で生まれるコンフィチュール

横浜地産地消の活動を通して知り合った農家さんの果物を使ってコンフィチュールを作り始めました。今では全国各地、ご縁のあった農家さんの果物や野菜を使っています。私にできるのは目の前にある素材を活かすこと。完全に素材ありきで調理しています。最近では、農家さんの方から「台風で傷物になった果物を何とかできないか」など、ご相談をいただくことも増えました。顔の見える生産者さんのものを使っているので、お子さんにも安心して食べていただくことができます。

サッと楽しいジャム作りのコツを伝授! サッと楽しいジャム作りのコツを伝授!
◎コトコト煮なくていい、サッと作れるレシピを教えます!

ジャム作りは長時間コトコト煮詰めるなど手間暇のかかるイメージをお持ちの方が多いと思いますが、イベント当日は短時間でサッとできるレシピをお教えします。この方法を覚えておけば、日常のスキマ時間を使って“ジャム=保存食”が作れるようになります。また、ジャムをお料理に展開する方法もお教えするので、みなさんにもっとジャムを身近に感じてもらえたら嬉しいです。

<違克美さんプロフィール>
2003年ル・コルドンブルーにて製菓ディプロム取得。これに前後してアメリカ、フランス、ベルギーで食に関する知識と経験を深める。その後、パティスリー勤務やショコラショップ勤務を経て、2010年にカフェの立ち上げに関わる。2013年「旅するコンフィチュール」をスタート。パーティ・イベントへのケータリング、料理教室などの他、小学校から大学までの児童や学生への講演、トークショーでのスピーカーなども務める。