アボカドの水耕栽培にチャレンジしてみました!

日々のできごと

今回は保育園さんでも、ご家庭でも

お気軽に試していただける食育

「種の水耕栽培」をご紹介します

 

水耕栽培は、水や液体肥料しか使わないので、土作りが不要!

 

「本格的な栽培はちょっと・・・」という方でも、

簡単に育てられるます

 

≪やり方≫

1.種を用意する

オススメの種:アボカド・ミニトマト・マンゴー・ケール・

ほうれん草・リーフレタス・水菜・ルッコラ・クレソン・バジル・

レモンバーム・パクチー・小松菜など

 

今回は、料理をした際に余った

アボカドの種で水耕栽培に挑戦!

わざわざ種を買わなくていいのも嬉しいポイントですね

 

アボカドの種を綺麗に洗い、茶色い薄皮をはがします

 

2.コップに水を溜め、種を入れる

種が半分くらいつかるように水を入れ、

爪楊枝を数本、種に挿し、コップの縁に立てかけます

 

2021/7/23 1日目

 

3.風通しが良い場所で管理し、毎日水換えを行う

アボカドの適温は15〜20度といわれています

↑2021/8/25 34日目

1ヶ月ほどで種が割れ、根っこが生えてきます

 

↑2021/9/10 50日目

根っこが伸びてきました

 

↑2021/9/20 59日目

芽が出てきました

 

アボカドは発芽までおよそ

12ヶ月ほど時間がかかります

 

4.アボカドを土に植え替る

アボカドの芽は高く伸びるので、
容器で支えられなくなったら土に移しましょう

【感想】
私は、アボカドの水耕栽培を始めるまで、
アボカドがどのように成長するのか、知りませんでした

ですが、栽培してみると種が割れたり、
根が長く伸びるなど栽培中の変化に
驚き、アボカドの成長が楽しみになりました

また、アボカドは大きくなると、観葉植物の様に
インテリアになるのも嬉しいところ!

皆さんも種から日々、成長し変化する植物の様子を
子供達と観察し、植物の生命力を感じてみてください!

 

記事:酒井菜々美

FB、Twitterのシェアボタンはこちら!