梅しごと4【梅干し作り:完成】

日々のできごと

 無農薬の梅をいただいたので、
梅干し作りに挑戦しました!

(梅干し作り、前半・後半の記事は
こちらからご覧いただけます↓)

《前半》https://vege-link.com/daily/911/
《後半》https://vege-link.com/daily/970/

今回のブログでは、梅干しを天日干しし、
保存するまでの工程をお伝えします!

まず初めに、梅干しを 天日干しする
理由についてお話しします

【理由①】
長期間保存ができるようになる!!

太陽光に含まれる紫外線は 微生物を殺菌してくれます

また、太陽光により、水分が抜けるので
梅干しは腐ることなく、 長期間保存できるようになります

【理由②】
実を柔らかくし、塩味を調整する!

果肉の中にできた塩の結晶が 太陽で溶け、
梅の実がしっとり柔らかくなります

また、梅干しを干すと、水分が抜けるため
塩分濃度が高くなります

梅を干す目安は3日と言われていますが
温度、気温によって個体差があるので
味見をして、お好みの柔らかさ
+塩味に仕上げてください♪

天日干し終了後は、
瓶やタッパーなどの容器に
梅干しを移し、
直射日光が当たらない
風通しの良い場所で保存するのがおすすめ!

 ※梅干の酸のチカラが金属を溶かしてしまう
可能性があるので金属製容器での保管はおすすめしません

皆さんも、暑い夏は熱中症や夏バテ予防に、
梅干しでの塩分補給をして 元気にお過ごしください♪

記事:酒井菜々美

FB、Twitterのシェアボタンはこちら!